LuuVinhLoc
Vietnamese / Japanese / Eng blog

Vietnamese / Japanese / Eng blog

多言語対応に関してAPIの設計 🛩

多言語対応に関してAPIの設計 🛩

LuuVinhLoc's photo
LuuVinhLoc
·Dec 11, 2020·

1 min read

多言語対応に関して、相談したいです。

HTTP ヘッダーについて

HTTP ヘッダーには、クライアントやサーバーが HTTP リクエストやレスポンスで追加情報を渡すことができます。 詳細情報はこちらです。

多言語対応するため、共通方法があります。HTTP ヘッダーの「Accept-Language」と「Content-Language」値で設定できます。 「Accept-Language」と「Content-Language」の詳細情報は下記となります。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/Headers/Accept-Language

HTTP の Accept-Language リクエストヘッダーは、クライアントがどの言語を理解できるか、どの種類のロケールが推奨されるかを示します。 (言語というのは、英語のような自然言語を意味し、プログラミング言語ではありません。) コンテンツネゴシエーションを使用して、サーバーは提案されたものから一つを選択して使用し、 Content-Language レスポンスヘッダーを使用してクライアントに選択結果を知らせます。ブラウザーはユーザーインターフェイスの言語に従って、このヘッダーに適切な値を設定し、ユーザーはこれを変更することができますが、稀です (そして指紋につながるとして難色を示されます)。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/Headers/Content-Language

Content-Language は エンティティヘッダー で、ユーザが自分の好みの言語に応じて区別できるように、オーディエンス向けの言語を記述するために使用されます。


つまり、リクエストのヘッダー場合は、 「Accept-Language」を使用します。 レスポンスのヘッダー場合は、 「Content-Language」を使用します。

たとえば、

  1. 「Accept-Language: ja」をリクエストのヘッダーに設定する
  2. サーバーは日本語テキストを返却し、「Content-Language: ja」をレスポンスのヘッダーに設定する

英語(en)と中国語(zh)/中国語簡略化(zh-Hans)/中国語伝統的(zh-Hant)は同じです。

メリット

API設計:不要な値を省略する

・全部多言語データをレスポンスに渡す例:

// 必要
"helloText": "おはよう",
// 不要
"helloTextEn": "hello",
// 不要
"helloTextZh": "你好",

-> 👌

// header: Accept-Language: ja
"helloText": "おはよう",

API設計も省略できます。(それぞれAPIには「英語・中国語・・」キーが切り替える)

・パラメーターに設定不要になる

例:get-data?lang=en&data-id=1

-> 👌

// header: Accept-Language: en
get-data?data-id=1

パフォーマンス

  • 返却データ量を減らす(テキスト量による)
  • バックエンドの処理を減らす(データベースに関する)
  • フロントエンドの処理が減らす(if/elseで設定した言語あり・なしことを確認必要)

3言語以上対応の場合、便利になる

将来に3言語以上対応の場合、全部多言語データをレスポンスに渡す場合は無理になる

例:

// 必要
"helloText": "おはよう",
// 不要
"helloTextEn": "hello",
// 不要
"helloTextZh": "你好",
...

// 不要
"helloTextVn": "xin chào",

多言語対応に関しては、HTTP ヘッダーの方法を検討してください。

画像のソース:

https://unsplash.com/photos/jhtPCeQ2mMU

 
Share this